『不健康からの脱出!〜健康改善への道 』
VOL-01

☆どんな悪い生活習慣をおくっていたのか

・・・(どんな原因が考えられるか)


(1)不規則な食事

朝はほとんど食事はしないで、清涼飲料水を一杯飲む程度。
昼食も仕事の都合もあったりして、サンドイッチを少しかじる程度で終了。
晩飯はさすがに腹が減っているし、しっかり食べようと思っているのですが、
ときどき食べ損ねることもあって、気がつくと丸一日食べてないこともしばしば。
食べられたとしても、時間は一定ではなく夜中になったりすることも。


(2)不健康な食事

とにかく、食べるものといったら、外食するか
インスタント食品やコンビニ弁当ばかりで、
カップラーメンのストックは常時10個以上しておかないと
不安という状態でした。
夜にかろうじて食事ができたとしても、
カップラーメンを2個食べたりという状態でした。


(3)夜更かしと睡眠不足

仕事がある平日の朝は6時には起きていなければならないのですが、
夜は寝るのが2時〜3時ころになってしまうことが多く、
早く寝たとしても1時半過ぎにはなっていました。
帰りが毎日遅くなってしまって、自宅でのやる事(生活雑用・趣味など)を
していると、どうしても夜更かしになってしまう状態でした。


(4)30年以上続けている喫煙

たばこは、今までも何度か止めようと試みたのですが、
努力が足りなかったのか、内心では止めるつもりはなかったのか、
止められず30年以上モクモクと続けておりました。
ただ、ここ数年間は2日間で1箱のペースで本数は減ってはいました。
(まあ、吸っていれば本数が少なくても、害は同じなのでしょうが・・・)

しかし、今はなんとか禁煙することができ、1年以上喫煙はしていません。
でもまだ、たまに吸いたくなるときもありますが、
吸わずに禁煙を続けています。
どうやって禁煙できたか、などについては
また別の機会にご紹介したいと思います。


(5)不規則な排便

上記のような不健康な食生活をしていれば、
当然便秘になってしまうのでしょうが、
仕事場や外廻りのときなどに便意を模様しても、
どうしてもトイレに行くのが面倒で、
我慢をしてしまって排便をせずに過ごすことがしばしばありました。
そうすると、いざ出そうとしても出なくなってしまいます。
これもよくないことだったのでしょうね。



6)入浴方法

私は若いときから入浴をする習慣がありませんでした。
いわゆる湯船にお湯を貯めて、体を湯船に漬かるとういことは、
冬でもほとんどありませんでした。
とにかく早く済ませたいので、シャワーで簡単に体や頭を洗って
3〜4分程度で出てしまっておりました。
そして、忙しいときなどは、2〜3日間シャワーですら浴びない
ということもたびたびありました。
お風呂というものが、浴槽にゆっくり漬かってリラックスするための
ものでもあるなんてことは、考えもしませんでした。
ただ体を洗うための道具としか考えていませんでした。


(7)ストレスだらけの仕事

どんな人でも仕事をしていればストレスは受けるものです。
毎日の満員の通勤電車や仕事場での人間関係などサラリーマンであれば
誰でも受けるストレスを、私もご他聞に漏れずどっぷり受けておりました。
そして、今考えれば、そのストレスを発散することもなく、
考えもせず溜め込んで過ごしていたような気がします。


(8)運動不足

ストレス発散のことすら考えてない私ですので、
当然スポーツなど何もやってはおりませんし、
特に運動について気を付けていて、何かをしているわけでもありません。
足腰の弱まりや腹のたるみ・出っ張り具合が、
その結果を如実に現しております。
散歩するだけでもいいのでしょうから、まずは歩くことから
意識して続けていきたいですね。





まだまだ、他にもいろいろあると思いますが、
とりあえず大きな原因になるようなことをあげてみました。

さあこれからどうやって改善して、健康な体を取り戻していけるのか・・・



次へ(VOL-02)「毎日でも食べるように心がけたい食材」とは


健康改善への道TOPへ




Copyright (C) 2009 A&Kワークス All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。